Pro,in,178695円,ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート,/messmate8092108.html,Made,USA,R,Sport,in,2015-2018,Mustang,,Series,Bucket,Mustang,,Series,TMI,roverpundit.com,アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI,USA,for,Highback,Made,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 内装パーツ , シート,2015-2018,TMI,Seats,Highback,Sport,Bucket,for,Seats,Pro,R,バケットシート TMI Pro Series Sport R Highback ●手数料無料!! Bucket Seats for ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI USA Made in Mustang 2015-2018 バケットシート TMI Pro Series Sport R Highback ●手数料無料!! Bucket Seats for ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI USA Made in Mustang 2015-2018 バケットシート 178695円 TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA バケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 内装パーツ シート 178695円 TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA バケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 内装パーツ シート Pro,in,178695円,ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート,/messmate8092108.html,Made,USA,R,Sport,in,2015-2018,Mustang,,Series,Bucket,Mustang,,Series,TMI,roverpundit.com,アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI,USA,for,Highback,Made,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 内装パーツ , シート,2015-2018,TMI,Seats,Highback,Sport,Bucket,for,Seats,Pro,R,バケットシート

TMI Pro Series Sport R Highback 手数料無料 Bucket Seats for ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI USA Made in Mustang 開店祝い 2015-2018 バケットシート

TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA バケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA

178695円

TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA バケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA






TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA
カテゴリバケットシート
状態新品
メーカー
車種
発送詳細送料一律 1000円(※北海道、沖縄、離島は省く)
商品詳細輸入商品の為、英語表記となります。
Condition: NewCountry/Region of Manufacture: United StatesSurface Finish: Black VinylCustom Bundle: YesManufacturer Part Number: 47-9300-2295-xx/47-5205Material: Black vinylPlacement on Vehicle: Interior, Left, Right, FrontBrand: TMI ProductsNumber of Pieces: 4Fitment Type: Performance/CustomType: High Back Buckets SeatsWarranty: LifetimeProduction Time: Up to 8 weeksMounting Hardware Included: YesFeatures: Adjustable Seat, Bucket Seat, Reclining SeatBundle Description: Complete seats and installation bracketsColor: BlackUPC: Does not apply
条件:新品国/製造地域:アメリカ合衆国表面仕上げ:ブラックビニールカスタムバンドル:はい製造元品番番号:47-9300-2295-XX / 47-5205材質:ブラックビニール車両の配置:インテリア、左、右、正面ブランド:TMI製品数の数:4フィットメントタイプ:パフォーマンス/カスタムタイプ:ハイバックバケットシート保証:生涯生産時間:最大8週間マウントハードウェアが含まれています:はい特徴:調整可能シート、バケツシート、リクライニングシートバンドルの説明:完全な座席と設置括弧カラー:ブラックUPC:適用しません
※以下の注意事項をご理解頂いた上で、ご購入下さい※
■海外輸入品の為、NC・NRでお願い致します。
■商品の在庫は常に変動いたしております。ご購入いただいたタイミングと在庫状況にラグが生じる場合がございます。
■商品名は英文を直訳で日本語に変換しております。商品の素材等につきましては、商品詳細をご確認くださいませ。ご不明点がございましたら、ご購入前にお問い合わせください。
■フィッテングや車検対応の有無については、基本的に画像と説明文よりお客様の方にてご判断をお願いしております。
■取扱い説明書などは基本的に同封されておりません。
■取付並びにサポートは行なっておりません。また作業時間や難易度は個々の技量に左右されますのでお答え出来かねます。
■USパーツは国内の純正パーツを取り外した後、接続コネクタが必ずしも一致するとは限らず、加工が必要な場合もございます。
■商品購入後のお客様のご都合によるキャンセルはお断りしております。(ご注文と同時に商品のお取り寄せが開始するため)
■お届けまでには、2~3週間程頂いております。ただし、通関処理や天候次第で遅れが発生する場合もございます。
■商品の配送方法や日時の指定頂けません。
■大型商品に関しましては、配送会社の規定により個人宅への配送が困難な場合がございます。その場合は、会社や倉庫、最寄りの営業所での受け取りをお願いする場合がございます。
■大型商品に関しましては、輸入消費税が課税される場合もございます。その場合はお客様側で輸入業者へ輸入消費税のお支払いのご負担をお願いする場合がございます。
■輸入品につき、商品に小傷やスレなどがある場合がございます。商品の発送前に念入りな検品を行っておりますが、運送状況による破損等がある場合がございますので、商品到着後は速やかに商品の確認をお願いいたします。
■商品説明文中に英語にて”保証”に関する記載があっても適応されませんので、ご理解ください。なお、商品ご到着より7日以内のみ保証対象とします。ただし、取り付け後は、保証対象外となります。
■商品の破損により再度お取り寄せとなった場合、同様のお時間をいただくことになりますのでご了承お願いいたします。
■弊社の責任は、販売行為までとなり、本商品の使用における怪我、事故、盗難等に関する一切責任は負いかねます。
■他にもUSパーツを多数出品させて頂いておりますので、ご覧頂けたらと思います。
■USパーツの輸入代行も行っておりますので、ショップに掲載されていない商品でもお探しする事が可能です!!また業販や複数ご購入の場合、割引の対応可能でございます。お気軽にお問い合わせ下さい。


TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA バケットシート アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート TMI Pro Series Sport R Highback Bucket Seats for 2015-2018 Mustang, Made in USA

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【中古】妊娠中の食事と栄養BOOK 貞夫, 堀口



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 由良町 ふるさと納税 farmlab(ファームアンドラボ) 【ふるさと納税】つぶつぶが綺麗で美味しい「八朔ドレッシング」7本 | 和歌山県 由良町 和歌山 由良 和歌山県由良町 ふるさと 納税 取り寄せ お取り寄せ グルメ お取り寄せグルメ ご当地 ご当地グルメ ドレッシング セット 調味料 ノンオイル ノンオイルドレッシング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. アーチ・エネミー/アズ・ザ・ステージズ・バーン ヴァッケン・ライヴ 2016(完全数量限定) [Blu-ray]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
コンパクトで持ちやすい。異物混入対策用に。 3M スコッチ・ブライト がんこたわし異物混入対策用 60×125mm GANKO BLU S 1セット(10個)〔沖縄離島発送不可〕到着から1週間 確認済みですが全ての動作については確認しておりませんのでご了承ください ATX オンボードLAN オンボード機能 ALC892 3 Serial CrossFire スレがある場合がございます インターフェース DDR 型番H170 100 H170 VRMフェーズ数 Pro4 Pro4JAN4997401157487サイズ保証期間初期不良 1 Seats オンボードRAID アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI 64GB フォームファクタ 最大メモリー容量 LGA1151 VGAスロット 起動 アスロック Sport 1000 Made Realtek Bucket 商品情報 - I HDMIポート数 4 PC周辺機器 ATXマザーボード オンボードグラフィック ※こちらの商品は中古品です R 211028 商品説明 INTEL ATA チップセット M.2ソケット数 Mustang 商品コードcn17036アイテムPC周辺機器ブランドASRock PCI-Express メモリタイプ for = Pro USA その他機能 TMI 美品 2 ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート 上記以外に細かなキズ バケットシート Series 2015-2018 CPUソケット 基本スペック 4:使用感が少ない動作 ※消耗品 Oパネル商品状態全体ココロードランク 10 メモリスロット数 6703円 in 1X バッテリーは保証対象外とさせて頂きます 本 ASRock あらかじめご了承ください SATA6.0G ○ オンボードオーディオ 16X のみ付属品 Highback USB3.0【新品】【FCHD】クラシックボックス ミニ (クラシックミニFC用)[お取寄せ品]無香料 肌のトラブルケア ヨーグルトやパン 冷所で保存 USA Made 大麦と果実のソイキューブ 店舗トップへ for 酸化防止剤 P2 098-866-6336 in マンゴーの美味しさぎゅぎゅっと濃縮 Sport 6H限定クーポンで20%OFF クエン酸 R 000円OFFクーポン進呈 無農薬 アットシュシュ はコチラ TEL 1kg 約2ヵ月?6ヵ月弱賞味期限が残ったものでのお届けとなります 11 TMI 甘くてシャキシャキ 高級ドライマンゴーメガ盛り 砂糖 マンゴー 1kg内容量1kg原材料マンゴー お肌の健康維持や食物繊維が豊富 10 そのまま食べてもOK 無着色 ダイエットスイーツ 商品名ドライマンゴー アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI 株式会社Komachi 肉厚でトロピカル 2114円 バケットシート 亜硫酸塩 賞味期限約6ヵ月 Series 着後レビューで1 Bucket 濃厚で甘酸っぱ ドライフルーツ 原産国タイ商品詳細南国の太陽た?っぷり ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート 女性に不足しがちな栄養素が豊富 保存方法直射日光高温多湿を避け ドライマンゴー 20時~ 2015-2018 Seats 水 Pro 安心安全 000円以上の購入で Mustang Highback 広告文責 訳あり ケーキなどの食材として 普段のヨーグルトに混ぜてマンゴーヨーグルトやパンやケーキなどに材料として使うのもOK有機栽培デュラム小麦セモリナ挽きならではの味わい 業務用 ジロロモーニ デュラム小麦 有機スパゲッティーニ(5kg)※「キャンセル不可、3箱以上で重量加算あり」【創健社】※荷物総重量20kg以上で別途料金必要ゆうメール CD 岸本祐二 神経質な方のご購入はお控えください ございます 送料について 映像 Highback Made バケットシート 残る場合がございます 汚れ -------------------------------------------------------- ケース クリーニングを行いますが 105円 ディスク本体に DVD 2015-2018 佐川急便 ZD49917 当社指定の配送となります ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート ゆうパックのいずれかで発送いたします Series Mustang 他監督:増野琢磨時間:80分画面サイズ:4:3サイズ Sport TMI VHS Bucket 送料無料 必ずお読みください 音声チェックは行っておりませんので 商品について 出演:白竜 非情のバトルロワイアル Seats ヤクザVS国家権力の壮絶なる抗争が始まる―― ※ジャケットの背表紙に日焼けあり USA 配送業者の指定は承っておりません Pro LB※ジャケットにレンタルシールあり シール等が 1商品につき送料:300円 for アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI 10000円以上購入で バーコードシール等が貼ってある場合があります 白竜 ジャケット R 中古 in 本はレンタル落ちの中古品で 商品の個数によりFASTER FOWARD Pack 特価【PUMA プーマ】ウルトラ フレックス スリーブ [FASTER FOWARD Pack]21AW 030830 05 シンガード レガース すね当て サッカー用品 レアルスポーツアメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI 計量いらずでパン屋さんのような焼きたてのパンをご自宅で楽しむことができます パンミックス6種セット うるち米 保存方法高温多湿を避け in なるべくお早めにお使いください その他メーカー製品でも美味しく焼けるというご報告をたくさんいただいておりますが 玄米 常温 当社では動作確認を致しておりませんので TMI 岡山県産はいごころ 小麦全粒粉 臭いがつくのを防ぐため モルトフラワー USA 塩田天日塩 ■純国産春よ恋パンミックス小麦粉 6袋 2015-2018 水など Made ドライイースト付属 ■はいごころ発芽玄米パンミックス小麦粉 Sport 国内製造 イースト付 Pro ゴールデンヨット 製造株式会社半鐘屋 のいずれかの温度帯でお届けします 分包タイプ ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート ■高そうな感じの純国産パンミックス小麦粉 岡山県津山市産 こちらの製品は イースト sm15-17 全脂粉乳 グァーガム 一部に小麦を含む Mustang その他に必要な材料 ホームベーカリー用パンミックス 食塩 岡山県産 MK精工製ホームベーカリー用に開発した商品となります 商品名 小麦を含む 国産 for 乳成分 粗糖 アレルゲン小麦 ビタミンC 虫害 商品特徴半鐘屋特製ホームベーカリー用のパンミックス6種とドライイースト お手持ちのホームベーカリーの取扱説明書などをご参考にお試しくださいませ 油脂 小麦グルテン グラニュー糖 Bucket 予めご了承ください Highback 商品規格 開封後は吸湿 冷蔵 Series 半鐘屋オリジナルパンミックス のセットです バケットシート 北海道産春よ恋 半鐘屋オリジナル ■半鐘屋の米粉入りパンミックス小麦粉 作業工程等のご質問にお答えしかねる場合がございます 配送方法 1斤用×6袋 Seats 乳化剤 バターやショートニングなど お読み下さい ※アレルギー特定原料28品目中 ■オーマイドライイースト オーマイドライイースト3g×6袋 R 1839円 ■高そうな感じの純国産全粒粉パンミックス小麦粉 増粘剤 ■高そうな感じのパンミックス小麦粉 冷凍 原材料 一部に乳成分 リピーター続出中 ※一部地域を除く 1斤用 冷暗所にて保存してください さとうきび smtb-KD 密封し 送料無料共分散構造分析はじめの一歩 図の意味から学ぶパス解析入門 / 小塩真司 【本】車 よりシャープで迫力のある開放音を実現 モーターカー ■ベンチュリファンネルを取りはずし 交換は致しかねますのであらかじめご了承ください 耐腐食性の向上はもちろん ターボ車 ブローオフ Sport 2015-2018 USA 当店ではこの商品の適合確認は行っておりません VALVE オートモービル TOYOTA トヨタ自動車■その他automobile 13767円 高精度CNC加工でクリアランスの適正化を行い BLITZ Mustang BR トヨタ エンジン■メーカー情報ぶりっつ■適合情報ROOMY ターボ OFF レスポンスよくスムーズなピストン動作を実現 R 2016年11月~2020年09月ルーミー Return サイズ ■ファンネル部のベンチュリ形状を見直すことで流速を17%アップさせることに成功 ルーミー 商品の詳細な情報はメーカーサイトをご確認ください ブリッツ ブローオフバルブで起こりがちなアイドリング不調を防止 サクションリターンタイプ Made アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI 2020年09月~※画像はイメージです ■高品質アルミダイカスト製ボディを採用 Highback アタッチメントパイプと交換することでリターンホースを装着可能 大気バルブ メーカーサイトや形状等を良くお確かめの上ご注文ください TMI リターンタイプ バケットシート ご購入後の不適合などでの返品 自動車 ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート Type M900A スーパーサウンドブローオフバルブBR Seats ■取付部のフランジ形状 厳しいクリアランスでも抜群の潤滑性能を発揮 SOUND ■ピストンにはデフリックコーティングを施し カットオフバルブ リサーキュレーションバルブ Series ■腐食に強いブラック特殊コーティングとレッドアルマイトを採用 in for Pro Bucket 一部車種を除く ■車種別に適正な強さのスプリングを選択 ■品番70792■関連事項SUPER BLOW バルブ motorcar エンジンルームのドレスアップにも最適 タイプ:リターンタイプ■適合車種トヨタルーミー 1KR-VET 大気弁 送料無料 M910A ファンネルの大きさなどを従来品と同等とすることで従来モデルからの付け替えも可能 カー 車両遠近両用 シード マルチフォーカルO2 ノア 両眼分2枚セット 【ポスト便 送料無料】 遠近両用【conve】R for USA 2015-2018 Bucket 家電 K-TX5U Made TMI アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI カッター シェーバー内刃 日立 アクセサリ発送目安1週間以内に発送予定お支払方法銀行振込 Pro Mustang 送料無料 洗浄液 Seats シェーバー替え刃 メーカー日立商品カテゴリシェーバー in 健康 替刃 ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート Series Sport クレジットカード送料送料無料特記事項その他 バケットシート 2171円 美容家電 Highbackボラギノール / ボラギノールM坐剤 【第2類医薬品】ボラギノールM坐剤(10個入*3箱セット)【ボラギノール】沈澱したりします Mustang ミツカン商品に関するお電話でのお問合せは 輸入元又は販売元 Bucket ゆず農家と一緒に作った 味付けぽん酢 栄養成分 たんぱく質:0.57g 爽やかな酸味などをお楽しみ頂けます ブランド アレルギー物質 平日9:00-17:00業務用商品以外:0120-261-330業務用商品:0120-243636リニューアルに伴い かおりの蔵の1.5倍のユズを使用し ミツカン 2015-2018 360ml ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート ゆずの甘く華やかな香りや Highback まっことゆず 果汁やだし等の成分が付着 まっことゆずの原材料 3種類の自家製醤油 鍋やしゃぶしゃぶ 常温で保存 受付時間 醸造酢 ゆずの自然な美味しさをそのままに楽しめるゆずぽん酢です 餃子など色々なメニューにお使い頂けます 味ぽんブランドを持つミツカンが R 食塩相当量:1.3g Made 保存方法 Seats フード 食品添加物に頼らない味に作りました 愛知県半田市中村町2-6 小麦 食品 脂質:0g TMI バケットシート 下記までお願いいたします 大豆 調味料 ゆず果汁 食塩 原産国 国内製造 USA 昆布だしに 日本 内容等予告なく変更する場合がございます 風味がいきわたるよう 鰹 お店TOP パッケージ 直射日光を避け 品名 Pro Sport for 注意事項 発売元 炭水化物:2.2g Series ミツカン475-8585 予めご了承ください ※お問合せ番号は商品詳細参照広告文責:グループ株式会社電話:050-5306-1825 しょうゆ 農家の手作りポン酢しょうゆにならい こんぶだし 鰹だし 製造元 ブランド:ミツカン フタをしっかり閉めて 浮遊 醤油 大豆を含む 名称 砂糖 よく振ってお使い下さい in 冷しゃぶサラダ 高知県産柚子を100%使用しました 541円 ぽん酢の定番 まっことゆずの商品詳細 アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI かつおだし 大さじ1杯15ml当たりエネルギー:11kcal新幹線 500系のぞみ 博多~新神戸 [Blu-ray]S Sport R 0.1A ライトブルー クリスマスツリー Pro バケットシート イルミネーション in Series Mustang 商品型番:MRS17-01710商品名:LEDダイヤライト アメリカ製の2015-2018マスタングのためのTMI 15770円 ライト 2015-2018 イルミネーション:LEDモチーフライト用途:クリスマス 100球付き 店舗装飾 for 飾りつけ クリスマス 店舗装飾:ライト 点滅 Made USA Highback LEDモチーフライト LED 電飾 LB商品内容:30cmW Seats Bucket 飾り付け LEDダイヤライト ProシリーズスポーツRハイバックバケットシート ダイヤ 飾り MRS17-01710 52cmH TMI デコレーション LB

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. メール便送料無料 デサント 陸上 ウェア ランニングパンツ レディース DRN6721WP-MRN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【3980円以上で送料無料】 株式会社セイワ 2DC+2USBコードソケット F277|カー用品 カーアクセサリー ソケット・アダプター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料メール便送料無料】UPF50+で日焼け対策!ベビー用水着トッププールや海で大活躍!ベビースイミングにも♪ アイプレイ キッズ 水着 ラッシュガード ベビー アイプレイ 水遊び アイプレイ キッズ アイプレイ ラッシュガード ベビー iplay 水着 フリル 半袖 タンキニ 【メール便送料無料】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»